このサイトをInternet Explorer で閲覧される場合は、最新バージョンを使用することをお勧めします。ダウンロードはこちら->>

元気を持って帰ってもらう店なんやで

株式会社ヨシックス

元気を持って帰ってもらう食の空間「や台やグループ」
(株)ヨシックス

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職人握り寿司居酒屋 や台ずし

本格職人にぎり や台ずし

職人握り寿司居酒屋「や台ずし」の原点 ~ にぎりずしのルーツは屋台から

にぎりずしのルーツは江戸時代までさかのぼります。江戸日本橋通り沿いでうぶごえをあげ、庶民の味として引き継がれてきました。

粋な江戸っ子が風呂の帰りとか、小雨の雨宿りにちょっと小腹がすいて 一個二個つまんで家路にかえる。気軽に足が運べる屋台ずし…、それがや台ずしの原点です。

にぎりずしの誕生とちょっとしたお話

色とりどりの握りずしの写真

にぎり寿司の誕生は、江戸時代の後期です。

江戸の町には、屋台を中心とするお店が軒を連ねていました。その中で「にぎり寿司」が世に登場しました。「ネタを飯の上にのせて握ってその場で食べる」という形が思考されました。

すし屋の調理場がつけ場と云われるのは、醤油に漬けたり、酢に漬けたりする仕事が中心だったことの名残です。

わさびもサバ、イワシやコハダなどの生臭さを消すためにすし屋で使ったのが江戸で流行して、にぎり寿司が工夫されてから庶民に定着したのです。

にぎり寿司の屋台ではツケ台ににぎり寿司を置いて、お客は立って食べるという立ち食い形式でした。現在でもにぎり寿司を、お好みで召し上がるお客を「立ち」のお客と呼ぶのはその名残でしょう。

※一部、店舗によってはメニューが異なる場合がございます。