このサイトをInternet Explorer で閲覧される場合は、最新バージョンを使用することをお勧めします。ダウンロードはこちら->>

元気を持って帰ってもらう店なんやで

株式会社ヨシックス

元気を持って帰ってもらう食の空間「や台やグループ」
(株)ヨシックス

IR情報

コーポレートガバナンス

(1) コーポレート・ガバナンスの状況

[1]当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的考え方

当社は、企業価値を最大限に高めるために、経営の健全性を確保し、株主及び利害関係者等に対し経営の透明性を高め、経営目標を達成するための意思決定の迅速化を図ることは、経営上非常に重視すべきことであると認識しております。企業経営にあたり、企業倫理の確立、チェック機能の強化、コンプライアンス体制の充実、リスク管理の徹底を図り継続的により一層の充実を目指し取り組んでまいります。

[2]会社の機関の内容及び内部統制システムの整備状況

イ. 会社の機関の基本説明

会社の機関としては会社法に規定されている株主総会、取締役会及び監査役会を設置しております。また役員の構成は取締役7名、監査役3名となっております。監査役は3名が社外監査役でうち1名が常勤監査役となっております。

当社は会議規程を定め、定例取締役会を1ヶ月に1回開催するとともに、必要に応じて随時臨時取締役会を開催することで、経営に関する重要な意思決定及び月次・年次の決算報告を行っております。また各事業部の事業部長及びエリアマネージャー以上によって構成される戦略会議を1ヶ月に1回開催し、取締役会での重要な意思決定、経営方針の調整及び業績管理、個別課題の審議等を行い情報の共有管理を徹底するとともに迅速な問題解決に努めております。なお必要に応じて上記以外の者も参加しております。更に店責会議を各事業部ごとに、且つ業態別に1ヶ月に1回を基本に、必要に応じて複数回開催し、戦略会議での審議・決定事項を実務レベルで伝達することで、全社に会社としての方針・指導を徹底する体制を構築しております。

また当社は監査役会を設置し、1ヶ月に1回監査役会を開催しております。監査役は取締役会に出席するほか、戦略会議、店責会議にも随時出席し、会社経営において重要な事項の情報を収集するとともに、関係各部門から報告を受け、必要に応じて勧告を行い、監査役の立場から取締役の業務執行を監査しております。

更に当社は対象とすべき事象に応じて、コンプライアンス委員会を開催しております。構成員は、取締役会の出席者の他、各事業部長、また必要に応じて外部専門家にもご出席頂き、適切な助言を頂くことで、コンプライアンスの強化に努めております。

ロ. 会社の機関及び内部統制等との関係
会社の機関及び内部統制等との関係

※上の画像はクリックすると拡大して見れます

ハ. 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

当社はや台やグループ統括事業本部(営業本部)、管理本部、建築店舗・設計デザイン事業部及び経営企画室により運営しております。これら各機関にはそれぞれ取締役を配置し、業務分掌を行うことで、牽制機能が働く組織体制を構築しております。また経営企画室は予算統制及び事業計画推進をはじめとした企画関係の機能を有しております。更に社長直轄の部署として内部監査室を設置の上、担当者を配置しており、各関係部門の業務全般の妥当性・有効性・法令遵守等についての内部監査を実施しております。

[3]内部監査の状況及び監査役監査、会計監査の相互連携

内部監査は、内部監査室を設置し担当者2名を配置しております。内部監査は内部監査年間計画を策定し、それに基づき店舗又は各関係部門の業務全般の妥当性、有効性、法令遵守等について内部監査を実施しております。内部監査を実施することで規程及びマニュアルに則した業務の実施及び法令遵守の徹底を図れるよう改善に向け勧告を行っております。

また当社は監査役会設置会社であり、監査役は、常勤監査役1名及び監査役2名の計3名で構成されております。1ヶ月に1回監査役会を開催することで常勤監査役の月次監査の報告及び協議が実施されております。常勤監査役は適宜各会議に出席するとともに、取締役に対するヒアリング、稟議書等を中心とした各種書類の確認、関係部署に対する資料提出等を求めることで、不正行為や定款違反及び法令遵守の徹底が図られているか監査を行っております。また経営に対する諸リスクに関しても監査し、取締役に対して監査役の立場から監査を実施しております。 なお、監査役、内部監査室及び会計監査人は定期的に情報交換を実施する等、有機的に連携しており、また、社外取締役が監査役会にオブサーバーとして同席し社外役員として情報の共有をはかっております。

[4]会計監査の状況

平成25年6月28日開催の株主総会にて、上記の有限責任 あずさ監査法人を会計監査人として選任しております。その上で監査契約を締結して会計監査を受けております。

[5]社外取締役及び社外監査役

当社の社外監査役は3名であります。

当社の社外取締役は2名であります。

イ. 社外取締役及び社外監査役と当社との関係

社外取締役・社外監査役につきましては、当社との間に特別な人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。

ロ. 内部監査、監査役監査及び会計監査との連携並びに内部統制部門との関係

社外監査役は取締役会に出席するほか各種会議に出席し中立的・専門的な観点から意見を述べております。また、監査役会における監査役間での情報・意見交換、内部監査室及び会計監査人との連携により、監査の有効性及び効率性を高めております。

[6]責任限定契約

当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役及び社外監査役との間に、当社に対する損害賠償責任に関する契約(ただし、損害賠償責任の限度額は法令が定める金額とする)を、法令が定める範囲額で締結することができる旨定款に定めております。

[7]取締役の定数

当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。

[8]取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めております。

[9]株主総会の決議事項を取締役会で決議することができるとしている事項

当社は、会社法第454条第5項の規程により、取締役会の決議によって中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これは株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。

[10]株主総会の特別決議

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

(2) 監査報酬の内容等

監査報酬の決定に当たっては、過去の実績や監査業務に伴う業務量等を勘案しております。またその報酬決定に際しては、監査役会の同意を得ております。